トップページ > 営業案内 >担保評価

担保評価

不動産を担保として事業資金などの融資を受ける場合、その不動産の担保価値を把握するために行う不動産鑑定です。

対象不動産が持つ将来性と、建物を含めた収益性を算出しその価値を査定した不動産鑑定評価書があれば、実際に融資を受ける際の交渉がしやすくなります。
金融庁の査定マニュアルにおいても、不動産鑑定士による鑑定評価により担保価値を把握することが推奨されています。

弊社では神奈川県内だけでなく、全国の物件を担保評価した経験があり、得意としている分野です。
是非ご相談ください。

融資を受ける場合

不動産の資産価値・その将来性
対象不動産が持つ将来性と、建物を含めた収益性を算出しその価値を査定しておくと実際に融資を受ける際の交渉をしやすくするのが、不動産鑑定士による鑑定評価書です。

融資を行う場合

融資物件に関する不動産鑑定評価
金融機関からの依頼で調査する場合は、土地建物だけではなく工場財団なども評価の対象となるケースもあります。
特に遊園地、スタジアムなどの特殊な案件や高額な案件については、不動産鑑定評価書に基づき融資価格が決定されます。
全国調査の経験があります。是非ご依頼ください。