トップページ > 会社案内 > 代表者プロフィール

代表者プロフィール

代表者 岡 秀次
鑑定歴 1985年 不動産鑑定士登録
1987年 岡不動産鑑定事務所開業
1995年 有限会社岡不動産鑑定事務所に組織変更
現在に至る
 鑑定歴 36年(2017年現在)
過去の公的役職 横須賀市固定資産評価審査委員会 委員
出身地 三重県津市
最終学歴 青山学院大学 経済学部

代表者挨拶

岡不動産鑑定事務所 岡秀次

ようこそ、有限会社 岡不動産鑑定事務所のホームページにお越し下さいました。

当鑑定事務所の代表取締役・不動産鑑定士の岡 秀次でございます。

2012年末、安倍政権が誕生し、2013年日銀も黒田総裁が就任し、異次元的量的緩和が実施されました。 これにより為替は円安、株価は上昇し、世間ではアベノミクスと騒がれ景気は回復しそうな期待感が膨らんでいました。

日経平均株価は2018年10月2日に24,270円まで上昇し、これをピークに株価は反落し、12月に入るとさらに不安定さを増し、1年3カ月ぶりに2万円を割りました。

それでは不動産価格も同様に下落しているかというと、平成31年3月に国土交通省土地鑑定委員会から地価公示価格の発表では、東京圏内は依然として、東京都全域では住宅地で3.0%、商業地で6.8%と地価は上昇傾向にあります。
特に都内の中心部である千代田区の商業地は、7.7%、中央区が8.9%、港区が8.8%と高い上昇率を示います。実際、現地を調査するとそれ以上に上昇していることを実感いたしました。
それとは対照的に地方に行けば、人気の高いリゾート地などを除いて、依然としてマイナス傾向にあります。
特に過疎地では、需要が極端に少ないことから、相場が形成されず取引するまで地価が不明であるなどのケースもあります。
不動産の価格は物件によって異なり、為替や株価のように公表された数値で判断することができません。

また、相続問題や賃料、地代をめぐる紛争も後を絶ちません。
このような時には私共のホームページをカテゴリー別の項目をご参照ください。
不動産の価格の専門家である不動産鑑定士を活用して、所有・投資する不動産に関して内外に高い説得力と信頼性を持つ不動産鑑定評価による適正な価格をお示しすることにより、皆様の不動産という財産を守り、また不動産の投資リスクを軽減するお手伝いができます。

数々の経験と実績を積んだ不動産鑑定のプロフェッショナルとして、個人様の相続や遺産分割から不動産賃貸業オーナー様、企業の物件評価などにおいて必ずお力になれるものと自負しております。

あなたの資産を守り抜く!これが私たちの使命です。

有限会社 岡不動産鑑定事務所
代表取締役・不動産鑑定士 岡 秀次